ホーム > 学校法人禅林学園 武専 東京地区 > 代表責任者メッセージ

武専東京地区 学生・関係各位

【写真】学校法人禅林学園 武専 東京地区責任者 石間信一

  合掌

  新型コロナウイルスによる感染拡大防止対策による緊急事態宣言が再度今月末まで都道府県に発出され、皆さんご承知のように今年度の武専開催も全面的に見送りになりました。

  東京地区の学生の皆さんを始めとする関係各位には多大なご不便、ご迷惑をお掛けしている事に、代表責任者としてお詫び申し上げます。

  東京地区は今年度「武専改革元年」と位置づけていた講習内容も、大変残念ですが研修する事が出来ません。受講者である学生の皆さんを始めとする多くの、道院長・支部長・指導員の先生方、また武専改革を推進する教務一同にとっても出鼻を挫かれ意欲を減退された方も多くいたのではないかと推測致します。

  しかしこの措置は学生の皆さんや指導員・教務を含めた多くの関係者の生命の安全を第一に考えての決断であることに間違いはありません。武専学生の皆さんにとっては厳しい決断を強いる内容であり大変ご迷惑をお掛けしていますが、この「新型コロナウイルス感染」を乗り切るため、今はじっと耐えて行動自粛する事にご協力を戴き、一日も早い収束に向けた努力を重ねて参りたいと思います。学生の皆さんには重ね重ねのご迷惑をお掛けすることに心穏やかではありませんが、何卒ご理解を頂き、武専・都連・教区と共に「新型コロナウイルス」に打ち勝って自他共楽の精神で、この難局を乗越えて行こうではありませんか。

  この決断により新型コロナウイルス感染が早期に収束した時には、武専東京地区として受講生の皆さんと共に「武専東京地区特別講座」を開催できるように教務一同計画を重ねております。また今年度に行う事が出来なかった各種の講習も次年度に向け、新たに検討を加えた内容で提供できるよう計画も続行してまいります。

  武専学生の皆さん、道院長・支部長の先生方には、大変に困難な状況とは存じますが、先ずはご自身の健康にご留意頂き、一日も早くこの問題が収束するよう願うとともに、また皆さんと安心して修行が再開できる日を心よりお祈りしています。

  武専東京地区の学生の皆さんを含めた多くの拳士の皆さん、また一緒に気持ちの良い汗をかきましょう。
  もう少しの辛抱です、頑張りましょう。

  合掌再拝

  

  禅林学園 武専東京地区 代表責任者 石間 信一