ホーム > 学校法人禅林学園 武専 東京地区 > 責任者挨拶

学校法人禅林学園 武専 東京地区 代表責任者 石間信一 【就任挨拶】

【写真】学校法人禅林学園 武専 東京地区責任者 石間信一

  合掌
  この度、武専 東京地区 代表責任者に就任いたしました石間です。
  これまでの代表教務としての長い経験を生かし、学生の立場に立ち、広く開かれた、活気のある武専の発展に向けて誠心誠意、邁進する所存です。

  さて、この4月から武専は、専門学校禅林学園の閉校に伴い、一般社団法人 SHORINJI KEMPO UNITYの主催と変わりましたが、 本部地区と東京地区は引き続き学校法人による主催事業となります。これに伴ない大小様々な変更、刷新が今年度から見込まれておりますが、 学生の皆様はどうぞ安心して、東京の武専に通っていただければと思います。
  東京地区には他に類を見ない経験豊かな教員・講師陣が、予科から研究科、武専研究会に至るまで充実して揃っています。 東京地区はまさに人財の宝庫です。普段修練されている支部や道院とは異なる空間で、年齢も性別も職業も様々な仲間との出会い、交流が待っています。 人間完成の修行は、生涯続く修行です。より多くの仲間の支えや、励ましがあってこそ、いっそう高い目標へ到達できるものと思います。ぜひ、我こそはと思う拳士は、武専に入学してください。
  武専は、人づくりによる国造りを目指す、少林寺拳法の指導者を養成する機関です。自ら進んで積極的に知識を増やし、技術を磨くのはもちろんですが、 指導者としての人格形成と、他者を敬い尊重する自他共楽の教えを学ぶ場でもあります。この東京の武専で研鑽を重ねた拳士の中から、一人でも多くの指導者が誕生することを願ってやみません。
  どうかこの学びの場を活用される拳士の輪が広がって、東京の少林寺拳法がいっそうの発展、充実しますよう、温かいご支援、ご協力をいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。