ホーム > 東京都少林寺拳法連盟 > 行事の報告 > ~ブルースカイキャンパスin多度津~西原春夫会長特別講演

2017年度 行事の報告

~ブルースカイキャンパスin多度津~西原春夫会長特別講演

  11月3日の午後からは、連盟本部の講堂において、西原春夫会長より、「日本の安全保障政策を完璧に理論づける少林寺拳法の精神」をテーマに講演をされました。 【講演内容の詳細については、後日映像を掲載予定です】
  会場入りするまでは、どれほどの人達が聴講に来てくれるのだろうかと気を揉んでいましたが、西原会長の講演を目的に来られた方もおり、 準備した400席がすべて埋まるほど盛況な講演となりました。
  来年90歳を迎えるため体調を心配しましたが、壇上に上がられた時の西原会長の姿は、やはり学識者そのものの独特の雰囲気を醸し出し、 講演中は座ることなく、時にはホワイトボードを使いながら熱弁をふるわれました。(まるで、大学の講義みたいになってしまったところもあったね:本人後述談)
  “世界平和における少林寺拳法の思想の必要性”を熱く語られ、西原ワールドに引き込まれたように瞬く間に講演の終了となりました。
  講演後には、多くの方々から「自信と勇気を頂くことができました。」「つながりの希薄だった事象を、しっかりと繋げていただき、 まさに架け橋たる内容であったと感嘆しております。」等々、お礼やご意見を頂きました。
  このような方を会長に迎えている東京都連として、勝手ながら少し誇らしげな気持ちになりました。
  翌4日には、本部内敷地や多度津中学校等で、様々なイベントが催され、(株)伊藤園様からも出店を頂き、 「お茶の入れ方体験コーナー」も大変好評でした。ご協力を頂きました(株)伊藤園様には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

東京都教区事務局

【写真】~ブルースカイキャンパスin多度津~西原春夫会長特別講演05
【写真】~ブルースカイキャンパスin多度津~西原春夫会長特別講演01 【写真】~ブルースカイキャンパスin多度津~西原春夫会長特別講演02 【写真】~ブルースカイキャンパスin多度津~西原春夫会長特別講演03 【写真】~ブルースカイキャンパスin多度津~西原春夫会長特別講演04